« 初めての体験は勉強になりますが疲れました。。。 | トップページ | 令和6年度神奈川県行政書士会平塚支部定時総会 »

2024年5月12日 (日)

職務上請求書取扱いに見る神奈川県行政書士会の的外れ

 

先日、神奈川県行政書士会に職務上請求書の発行を依頼しました。

一部補正指示をいただき対応、その他は要請通りに。

一昨日、「本人限定受取り郵便物到着のお知らせ」を受領、昨朝平塚郵便局で封筒を受け取りました。

20240511_215119

職務上請求書について、不正使用が散見され、日本行政書士会連合会及び神奈川県行政書士会も頭を悩ませています。

でも、この本人限定郵便は的外れですね、赤のレターパックで十分でしょう。

何故ならデメリットとして、

①費用負担が大きくなる。
 (今回は1,270円、赤レターパックなら540円。)

②受取りに郵便局に出向く必要があり、面倒が増える。

③上記①を踏まえ、クライアント(≒消費者)に負担を転嫁する。
 場合によっては、収益優先で不正使用をする可能性がある。

―――が考えられます。

対してメリットは何なのでしょう?本会の自己満足!?

補助人や同居人が受け取ると不正使用するというのは突飛な思考回路ではないかと思います。

さてどんなメリットがあるのか?

回答をいただける方、よろしくお願い申し上げます。
















            

 

|

« 初めての体験は勉強になりますが疲れました。。。 | トップページ | 令和6年度神奈川県行政書士会平塚支部定時総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めての体験は勉強になりますが疲れました。。。 | トップページ | 令和6年度神奈川県行政書士会平塚支部定時総会 »