« 大磯の裏通りに安くて、美味しくて、お洒落なお好み焼屋さん出現♪ | トップページ | 久しぶりに箱根湯本ぐるっと散策 »

2011年5月15日 (日)

箱根vs湯河原 豆腐食べ比べ

箱根の食の基本は水。
美味しい水は箱根の食に恩恵をもたらしています。
豆腐、湯葉、蕎麦、和菓子、洋菓子、そしてカレー
ただし食は水が全てではありません。
カレーで考えたら当り前のことでしょう。
でもより水の影響の大きい豆腐だったら
(もちろん箱根以外のエリアであっても、水は豆腐店が厳選しているでしょうが。)
疑問に思ったら即行動。
箱根と湯河原の有名豆腐店のお豆腐を食べ比べしてみました。

姫の水を使用した辻国豆ふ店(勝手に箱根代表)。
3
【住所】神奈川県足柄下郡箱根町大平台442-2
【電話】0460-82-2156
絹ごし豆ふは@175円。
2 

そして豆腐界のニューウェーブ湯河原十二庵(勝手に湯河原代表、ただし他に小売している湯河原のお店はないと思います)。
Photo_2
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上170-1
【電話】0465-43-7750
絹とうふは@160円(※辻国豆ふ店より小さいサイズ)。
6

自宅に持ち帰って食べ比べました
4
今回初めて、そのままの状態で比較して食べて理解ったのですが、同じ豆腐でも全く違うモノでした。
十二庵さんは甘い、辻国さんは大豆風味がストレート。
十二庵さんは優しく崩れる、辻国さんは表面に光沢があって表面が固く張っている。
好みの問題はあると思いますが、我が家では十二庵さんの方が口に合っていました
箱根の水、湯河原の水という感覚はないですね。
もっとも、その後お醤油・葱等を加えて食べてみると、その差は不可解なものになってしまいましたが。。。
小さなことでも突き詰める、これも実践型の拘りです。
いつかこの調査(?)も実務に直結するかもしれません。

今日は終日箱根へ。
箱根かれー心に缶詰めですが、アンテナを高く張り巡らし、新たな切り口を考え続けたいと思います

           

               

                   

|

« 大磯の裏通りに安くて、美味しくて、お洒落なお好み焼屋さん出現♪ | トップページ | 久しぶりに箱根湯本ぐるっと散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根vs湯河原 豆腐食べ比べ:

« 大磯の裏通りに安くて、美味しくて、お洒落なお好み焼屋さん出現♪ | トップページ | 久しぶりに箱根湯本ぐるっと散策 »