« 生活レベルを落とすことの難しさ | トップページ | うれしい誤算 ガソリン値下げ »

2008年11月12日 (水)

ラグビー日本代表 新主将に菊谷崇

我らがジョン・カーワン(JK)はアメリカ戦に向けた新主将に菊谷崇(28)を任命しました。

先日のセレクションマッチで、WTB遠藤選手と共に「格の違い」を見せつけていたのが印象に残っています。

菊谷選手の経歴は、御所工業高校→大阪体育大学→トヨタ自動車ヴェルブリッツ。
高校時代のチームメイトには西辻勤(御所工業高校→早稲田大学→リコーブラックラムズ)がいました。
そのポテンシャルの高さで早くから将来を嘱望されていましたが、大学までは西辻選手の方が注目されていたと思います。
早稲田のエースWTBでしたから
彼が初めてラグビーマガジンでクローズアップされた時に、西辻選手を意識したコメントをしていたのを覚えています。
「自分が上だ!」という強烈な自意識がありました。

彼は昨秋も挫折を味わいました。
W杯メンバーからの落選。
忸怩たる思いは容易に察することができます。
そして今年の春シーズン、箕内主将(当時)の代役で出場すると、遜色ない素晴らしい働き。
彼の反骨心がJKに認められたのだと思います。

主将経験は初めてのことですが、JKが「持って生まれたリーダーの資質がある」と太鼓判を押しているので、我々は黙って信じましょう。
アメリカ戦での新主将の奮闘を期待します。

怪我で戦列離脱している佐々木隆道選手…
次回2011年W杯の主将を最も期待されていた男、彼を忘れることもできません。
今後の巻き返しも楽しみにしています。

 

|

« 生活レベルを落とすことの難しさ | トップページ | うれしい誤算 ガソリン値下げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー日本代表 新主将に菊谷崇:

« 生活レベルを落とすことの難しさ | トップページ | うれしい誤算 ガソリン値下げ »